寝る日記

日記書きます。http://twitter.com/nitwo04

無職生活 12日目

2021/05/11 火


14時半頃起床。毎日この時間帯に起きている気がする。メールをチェックすると12時頃に昨日エントリーした焙煎店から、本日中に電話する、とあった。返信すべきか悩んだが、常に機内モードにしているせいで着信があったか判断しかねるので一応返信した。


15時頃、今日も外に出ようかな〜と呑気に煙草を吸っていたら電話が来る。明日の16時に面接するから履歴書用意してね、と急ピッチな内容だった。どんよりとした天気だったので外に出るのを諦めて履歴書を作る。時は令和、インターネットで履歴書が手軽につくれる良い時代になったと思う。30分もかからずできてしまった。コンビニで印刷するだけに外出るのも面倒だった。


何もしてなかった。冷凍の角煮を温めて米に乗せたものをキッチンで食べて飯を済ませた。21時半頃から0時頃まで友人とAPEXをした後にNetflixで「生きている」を観た。韓国のゾンビ映画。終わりじゃん、って場面しかなくて面白かった。別にゾンビ映画を観たからって訳じゃないけど眠れなくなった4時半頃。水曜日の第2週は段ボールの集荷日だと気付く。部屋の動線に重ねられてある段ボールを処理するのは1ヶ月に一度しか無いし、ビニール紐を買いに行くついでに履歴書の印刷もするか、と重い腰を上げる。

小鳥のさえずり、カラスの野太い声が聴こえるくらい明るかった。ファミマで印刷をするが、A4で2枚になってるけどこれでいいのか不安になる。紐と煙草を買う。店員さんは誠実そうな初老のお爺さんだった。家族経営なのか、定年後も働いているのか、どちらにせよ老いても働くなんて嫌だな、と思った。