寝る日記

日記書きます。http://twitter.com/nitwo04

2021/07/05 月


思い込みから、口を開いて後悔をする。眠れない夜を埋め合わせてくれたのに、ふとした言葉で蝋燭の火がフッと消えてしまう。静かな暗闇の居室に漂う煙を追っていた。耳には電子音が流れている。

波風が立ち、理性の防壁で流れを止める。濁り溜まった雨水が決壊してしまえば全て流れ、残るのは苦悩だけである。流れていく雨水を追い掛けては頭を抱え、泥に蹲った。這い上がれないダムを見つめた場に、新たな雨水が溜まっていく。防壁の高さは変わらず低いままである。