寝る日記

日記書きます。http://twitter.com/nitwo04

2021/11/10 水


『モブサイコ』毎話毎話、映画かと思うほどドギツイ作品だ。観終えた後の充実感が尋常じゃない。視聴の合間に振り込まれたバイト代を確認した。金額の低さに泣いた。頭を抱えるレベルだけれども現実逃避したくてずっと観続けた。

4時頃に視聴を止める。ここで家賃、光熱費、クレカ、保険料諸々を計算してみると明らかに家計が火の車、いや燃えカスになってる。APEXも飽きたしデスクにあると邪魔なPS4を売ろうかなとなる。梱包が面倒なので一旦後回しにして今日は本と雑誌数冊を売り、僅かな金を手にして気持ちを紛らわそうと決めた。

4時半頃、ギリギリ寝間着で出歩ける時間だったのでアロンアルファと珈琲を買いに行くことにした。舌打ちしながら歩いてる人がいて怖かった。まさかファミマ限定の物価じゃないとは思うけれど、アロンアルファが429円もして引いた。

ちょっとだけ遠回りして帰っている間、有線イヤホンを挿して歩くうっとおしさが悪くないなと思えるようになった。有線の方が聴こえやすいからかもしれない。Bluetoothなんて便利な物が生まれてから有線イヤホンの良さを忘れていたけれど、懐かしさをエモさに置き換えそうになる思考に自己嫌悪した。

アロンアルファの匂い好き。補修を終えてAmazonで己との闘い。PS4を売るモードからFire Stickを買うモードに移行していて、ついでにシャワーカーテンが欲しくなっている。Hさんからシャワーカーテンが無いのを指摘されたこともあって、流石に必要だなとなってしまって、金欠のせいもあって、葛藤に葛藤を重ねて注文確定ボタンを押してしまった。プラスになるとマイナスにしてしまうな、と冷静になってから思った。7時頃にシャワーを浴びて洗濯機を回す。12時間で完全に乾いてもらいたい。


16時半頃起床。『モブサイコ』から抜け出せなくて9時頃まで起きていた記憶はあるけどいつの間にか眠ってしまった。休日を睡眠で費やすのは悪くないけれど、ここまで時間を無駄にすると嫌になってくるな。

17時頃に本を売りに外出。最近知った"ランドセル症候群"ってこんな気持ちなのかな、置き勉くらいさせてあげよう。ブックオフ。雑誌は直近3ヶ月しか買い取れないそうなので本9冊を売ったけど150円にしかならなかった。小さい店舗だから売ることにした。すぐに店を出た。晩飯にカオマンガイを作るので、期限が今日までの5%オフクーポンを使ってスーパーでカオマンガイの材料を買った。昨日使えばよかったなーとなる。


17時半頃帰宅。Amazonで頼んだ荷物がもう届いていた。プライム会員様々だと思う反面、『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』という本を読んでから労働者側の立場を考慮すると気持ちが落ち込んでしまう。ここらへんの考えは長くなるので書かない。シャワーカーテンを取り付けるとダサさが増す。だから嫌だったんだ、と思ったけど何れ愛着が湧くと信じる。PS4を初期化して梱包するのが手間なのでカオマンガイ作りをすることにした。『モブサイコ』観終えてしまった。

19時半頃、Sさんが家に来た。LINEがバグっているので通知が届かず外で待たせてしまった。仕事帰りの割にラフな格好をしている。昨日に引き続き、飯を振る舞う、をやりたくて急に連絡を入れたのに、わざわざ手土産を持って来てくれたのはありがたい。でも手土産にシャチハタ渡されてめちゃくちゃウケた。自分の名前が刻まれた物渡されるなんてことあるんだ。

カオマンガイを皿に盛れば出せるので、味覇と醤油、白髪ネギだけの中華スープを作って出した。Netflixで『らんま1/2』を流しながら一緒に食べる。アレルギーが無いらしく、パクチーも気にせず食べてくれて「美味しい」と言ってもらえて何よりだった。嬉しい。

昨日もそうだったけど、食後に皿洗いをするのは気を遣わせてしまう。いいよいいよ、とは言いつつ申し訳無い気持ちをひしひしと感じるのは自分もそうなので痛いほどわかる。ただ台所は自分の所有権にある。発達障害の毛がある。


Sさんは試験勉強をしつつ、集中力が切れたら話しかけてきたり、ステッカー入れの中身を探って浅野いにおのステッカーを持ち帰ろうとしていた。ちゃんと読んでない『うみべの女の子』ステッカーをあげたけど、しっかり読んだら返してもらおうかな。昨日頂いた台湾カステラの残りを一緒に食べたりして、Sさんの試験勉強を自分もやってみたりしていた。

来週が本番らしく、勉強の邪魔しちゃ悪いかなと横になって『らんま1/2』を観ていた。しばらくすると「化粧水ありますか?」と聞かれて、無いかも、と答えると他の友人は皆もってる、と言われて、男女問わず化粧水は持っているもんなんだと気付かされた。化粧落としも無い、新品の歯ブラシならある、と答えるとSさんは「始発で帰る」と言った。Sさんはものの数分で腕枕で寝息をたてていた。

f:id:nitwo04:20211111122426j:image